Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 甲南女子大

甲南女子大学において、学生の個人情報を保存したUSBメモリが所在不明となっている。

人間科学部総合子ども学科の准教授が9月25日に紛失し、その後所在不明となっているもの。捜索を続けているが発見されていないという。

問題のUSBメモリには、2013年度から2015年度に在籍している学生577人の氏名や学籍番号、成績情報、出席状況などが保存されていた。同大学では、対象となる学生に個別に対応を行うとしている。

(Security NEXT - 2015/10/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ドコモ口座」の不正チャージ、被害124件の補償を完了
個人情報含む国勢調査の関連書類を紛失 - 堺市
MS、定例外で2件のアップデートをリリース
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
2025年日本国際博覧会協会に不正アクセス - フィッシングの踏み台に
「phpMyAdmin」に「SQLi」や「XSS」の脆弱性
AMDのオーバークロックソフトやグラフィックドライバに脆弱性
eコマースプラットフォーム「Magento」に複数の深刻な脆弱性
2020年2Q、67%のマルウェア亜種が定義ファイルを回避
パロアルト製品に複数の脆弱性 - 深刻なRCE脆弱性も