Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「サイボウズガルーン」に複数の脆弱性 - 修正パッチが公開

「サイボウズガルーン」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。サイボウズやセキュリティ機関ではアップデートを呼びかけている。

ログイン可能なユーザーによって任意のPHPを実行される可能性がある「CVE-2015-5646」「CVE-2015-5647」や、LDAPインジェクションの脆弱性「CVE-2015-5649」が判明したもの。

「同3.0.0」から「同4.0.3」までが影響を受ける。サイボウズでは脆弱性を解消するパッチプログラムの提供を開始している。いずれの脆弱性も、周知を目的にサイボウズがJPCERTコーディネーションセンターへ報告した。

(Security NEXT - 2015/10/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
ID管理製品「Atlassian Crowd」に深刻な脆弱性
オープンソースの検索エンジン「OpenSearch」に脆弱性
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
「Atlassian Bitbucket」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「Zimbra」に複数の脆弱性 - 修正版をリリース
「LibTIFF」に脆弱性、悪用コードが公開済み - パッチの適用を
「Apache MINA SSHD」に脆弱性 - アップデートがリリース
「Movable Type」に複数の脆弱性 - アップデートで修正