Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ナノオプト、メールセキュリティに特化したカンファレンスイベント

ナノオプト・メディアは、都内および大阪府内でメールセキュリティにフォーカスしたカンファレンスイベント「Email Security Conference 2015」を開催する。

同イベントは、メールセキュリティに特化したカンファレンスセミナー。基調講演は、奈良先端科学技術大学院大学准教授の門林雄基氏。「セキュア電子メールの考え方」と題し、国際動向ふまえたセキュリティ対策について解説する。

送信ドメイン認証「DKIM」と「サイバー法人台帳ROBINS」を活用したなりすましメール対策「安心マーク」を紹介するセミナーをはじめ、企業や専門家による講演を予定している。またID管理に特化した「ID Management Conference」および「迷惑メール対策カンファレンス」を併催する。

会場は、10月9日が秋葉原UDX Conference、10月16日が大阪のグランフロント大阪。タイムテーブルや事前申し込みなど詳細は同イベントページから。

(Security NEXT - 2015/10/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

信用保証情報を含むファイルを誤送信 - 長崎県信用保証協会
「Emotet」に感染、送受信メールが流出した可能性 - 京セラ
今度は「特別定額給付金」の「再給付」で誘惑 - 詐欺メールに注意
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
2025年日本国際博覧会協会に不正アクセス - フィッシングの踏み台に
2020年上半期の標的型攻撃は3978件、前年同期の約1.5倍に - 警察庁まとめ
「Outlook」にRCE脆弱性 - プレビューだけで悪用のおそれ
2回目の特別定額給付金? 実際は情報盗む偽サイトへの誘導メール
教育関連書籍やグッズ扱う通販サイトに不正アクセス
市管理サーバが迷惑メールを不正中継 - 笠間市