Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ナノオプト、メールセキュリティに特化したカンファレンスイベント

ナノオプト・メディアは、都内および大阪府内でメールセキュリティにフォーカスしたカンファレンスイベント「Email Security Conference 2015」を開催する。

同イベントは、メールセキュリティに特化したカンファレンスセミナー。基調講演は、奈良先端科学技術大学院大学准教授の門林雄基氏。「セキュア電子メールの考え方」と題し、国際動向ふまえたセキュリティ対策について解説する。

送信ドメイン認証「DKIM」と「サイバー法人台帳ROBINS」を活用したなりすましメール対策「安心マーク」を紹介するセミナーをはじめ、企業や専門家による講演を予定している。またID管理に特化した「ID Management Conference」および「迷惑メール対策カンファレンス」を併催する。

会場は、10月9日が秋葉原UDX Conference、10月16日が大阪のグランフロント大阪。タイムテーブルや事前申し込みなど詳細は同イベントページから。

(Security NEXT - 2015/10/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング
宅配クリーニングに不正アクセス - 意図しない外部公開も
約5.3億件のFacebookユーザー情報が流通、日本は約42万件 - 人口上回る国も
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多 - 報告やURLも大幅増
大学生応援飲食券のアンケートメールで誤送信 - 美浜町
標的型攻撃メール訓練を刷新、セルフ実施を支援 - ラック
メール送信ミスで関係者メアドが流出 - INPIT
福岡県の水産支援システムがスパム踏み台に - 1日あたり約20万件
LINE、国外の個人データ保管やアクセス状況を説明 - 「ポリシー上に記載ある」
Gmailメアドをスペルミス、個人情報が流出 - 京都市立芸術大