Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、「iOS 9.0.2」でロックスクリーン回避問題を修正

Appleは、同社スマートデバイス向けOSのセキュリティアップデートとなる「iOS 9.0.2」を公開した。

物理的に端末へアクセスできる場合に、ロックスクリーンの認証を回避し、写真や連絡先へアクセスが可能となる脆弱性「CVE-2015-5923」を解消したもの。またセキュリティ以外の不具合に関しても修正を行った。

同社では、米国時間9月16日に「同9」を公開。9月23日にセキュリティ以外の不具合を修正する「同9.0.1」を公開したが、今回修正された「CVE-2015-5923」に関しては未修正となっていた。

(Security NEXT - 2015/10/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
ゲーム「原神」に監視プログラム、アンインストール後も動作 - チート対策と釈明、修正へ
オンライン事業者向けにFIDOによる生体認証サービス - Capy
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
「Cisco IOS XR」にサービス拒否の脆弱性 - ゼロデイ攻撃も
「ニトリアプリ」に脆弱性、アプリ経由で外部URLへ誘導されるおそれ
5カ月ぶりに「Emotet」が活動再開 - 感染拡大に警戒を
パスワード管理アプリに情報流出監視機能 - トレンド
サーバ証明書、最長でも約13カ月 - 毎年更新が必須に
「iOS 13.6」「iPadOS 13.6」が公開 - 脆弱性29件を修正