Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、「iOS 9.0.2」でロックスクリーン回避問題を修正

Appleは、同社スマートデバイス向けOSのセキュリティアップデートとなる「iOS 9.0.2」を公開した。

物理的に端末へアクセスできる場合に、ロックスクリーンの認証を回避し、写真や連絡先へアクセスが可能となる脆弱性「CVE-2015-5923」を解消したもの。またセキュリティ以外の不具合に関しても修正を行った。

同社では、米国時間9月16日に「同9」を公開。9月23日にセキュリティ以外の不具合を修正する「同9.0.1」を公開したが、今回修正された「CVE-2015-5923」に関しては未修正となっていた。

(Security NEXT - 2015/10/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
「iOS」などにゼロデイ脆弱性、アップデートが公開 - 旧機種向けにも
Apple、Macやスマートデバイス向けに重要なセキュリティアップデート
CiscoのWindows向けVPNクライアントに脆弱性 - 更新を
Apple、macOS向けにアップデート - ゼロデイ脆弱性3件に対処
「iOS 14.4」がリリース、悪用報告あるゼロデイ脆弱性に対処
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
Apple、「iOS 14.3」をリリース - 旧端末向けにも更新を用意
デバイス紛失にサポートする「ビジネス端末レスキュー」 - NTTドコモ
Fortinet製VPN使う脆弱なホスト情報が公開 - 平文パスワードなども