Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2015年上半期の標的型攻撃は1472件 - C&Cサーバ38台をテイクダウン

2015年上半期に警察庁が把握したメールによる標的型攻撃は、前年同期比約6.8倍と高い水準で推移していることがわかった。税務署を装い、「e-Tax」利用者を狙う攻撃も確認されている。

20150918_np_001.jpg

同庁が2015年上半期における標的型メールの把握状況を取りまとめたもの。メールを用いた標的型攻撃は1472件で、2014年下半期の1507件からわずかに後退したものの、前年同期の216件と比較すると6.8倍の規模へと拡大している。

2014年上半期までは300件未満で推移していたが、2014年下半期から急増。背景には英文の「ばらまき型」攻撃の多発があるという。

「ばらまき型」攻撃は、2014年上半期の時点で86件だったが、同年下半期には1388件、2015年上半期も1347件となり、全体に占める割合は92%にのぼる。「ばらまき型」攻撃の多くは、主要セキュリティ対策ソフトで検知できるものだった。

添付ファイルの傾向を見ると、圧縮ファイルの割合が前期の97%から35%へと下がった。一方増加しているのが「Wordファイル」を用いた攻撃で64%にのぼる。複合機のスキャナ機能で読み込んだ文書の送付や、品物の代金請求などを装う手口が目立つ。

(Security NEXT - 2015/09/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
2020年上半期の標的型攻撃は3978件、前年同期の約1.5倍に - 警察庁まとめ
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件
4社に1社、パッチ適用頻度は数カ月に1度
標的型攻撃、「圧縮ファイル」利用が前年比2.5倍に
2019年4Qの標的型攻撃メールは47件 - 情報提供の7割が「Emotet」
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇