Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ギフト通販サイトへの不正アクセス、個人情報流出の可能性 - クレカ情報も

千趣会の子会社、ベルネージュダイレクトが運営するギフト通販サイトが不正アクセスを受けた問題で、同社は個人情報最大13万1096件が流出した可能性があることを明らかにした。

20150915_bd_001.jpg
個人情報漏洩の可能性を公表したベルネージュダイレクト。不正アクセスを受けたサイトは閉鎖しており、現在稼働中のサイトに影響はないという

8月21日にサイトの運営を委託しているアヴェールと再委託先のセキがウェブサーバに対する不正アクセスと見られる形跡を発見。Payment Card Forensicsに調査を依頼し、同月26日に不正アクセスについて報告を受けたという。

今回の問題について、ベルネージュダイレクトでは9月3日に不正アクセスの報告を受けたとしており、同日にサイトを閉鎖。9月7日に調査中であるとして事態を公表していた。

同社によれば、調査により2012年9月20日から2015年8月26日にかけて、「ベビパラハッピーギフト」「Pre-moギフト」「TOMATOMAギフト」「ベビパラギフト」の4サイトで登録、注文した顧客や届け先情報など流出した可能性があることがわかったという。

(Security NEXT - 2015/09/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

地ビール通販サイトに不正アクセス - 偽画面でクレカ情報窃取被害
データ削除済みの旧通販サイトに対する不正アクセスが判明 - ニッスイ関連会社
不正アクセスで個人情報の削除被害 - 韓国農水産食品流通公社
犬猫関連グッズのサイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
ネットショップに不正アクセス - ウェスティンホテル大阪
口座開設申込者の個人情報が流出した可能性 - 商品先物取引業者
IT資格試験教材サイトに不正アクセス - 顧客情報流出の可能性
最大11.7万件の登録者情報が流出か - グルメアプリ
不正アクセスで「国立劇場メルマガ」の登録メアドが流出
テレワーク環境でマルウェア感染、社内に拡大 - 三菱重工