Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

堺市の個人情報流出、あらたに561人分 - 有権者情報68万件の持ち出しも

大阪府堺市の職員が個人で契約していたレンタルサーバから個人情報が流出した問題で、同市ではあらたに561人分の流出が判明したことを明らかにした。

同市の職員が個人で利用していたレンタルサーバ上のデータが、4月から6月にかけてインターネット経由でアクセスできる状態となり、流出したもの。

9月7日の発表では、流出した内容は同市外郭団体職員の個人情報など約1000件とし、指摘を受けた有権者の個人情報流出に関しては、選挙システムの動作確認用に作成した「ダミーデータ」であるとして、流出を否定していた。

しかし同月12日に、同問題に関連した個人情報と見られるあらたな画像が一部マスキングを施された上でインターネット上に投稿され、あらたな問題が判明。調査の結果、同職員が所有していた有権者の個人情報などが流出していることが発覚した。

(Security NEXT - 2015/09/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国立病院機構、職員が患者情報約14万件含むPCを持ち出し - オークション落札者の連絡で判明
従業員が個人情報約5000人分を持ち出し、外部提供 - 東急コミュニティー
九大職員が無許可ファイル持出、転職先で外部公開 - 意図しない機密情報も
飲酒後帰宅途中に眠り込み児童相談の個人情報を紛失 - 東京都
入試関連の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 立教大
職員個人SNSに依頼、顧客情報含む資料を外部提供 - 東北電気保安協会
飲食店で患者情報を鞄ごと紛失 - 総合メディカル
従業員が顧客情報を悪用、カードローンに申込 - DeNA
ソフトバンク元従業員が逮捕 - 技術情報を転職先に持ち出しか
楽天モバ、従業員逮捕でコメント - 営業秘密利用は未確認