Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シャープ、最新DBで迷惑電話を着信拒否できる家庭用ファックス

シャープは、振り込め詐欺の対策機能を搭載した家庭用ファクシミリの上位モデルを9月11日より発売する。最新データベースから不審な電話を自動で判別し、着信を拒否できる。

同製品は、自動通話録音など振り込め詐欺を防止する複数機能を搭載したコードレスファクシミリ。

今回あらたにトビラシステムズが提供する有料サービス「迷惑電話フィルタ」へ対応。警察や自治体から提供された迷惑電話番号情報をもとに作成されたデータベースを活用し、振り込め詐欺や悪質な勧誘電話などを判別、着信を拒否できる。

電話回線を通じて、データベースを更新することが可能。あらかじめ登録したメールアドレスに着信拒否した件数を通知したり、着信拒否した番号をプリントする機能を用意している。

本体価格はオープン。迷惑電話フィルタの利用には、ナンバーディスプレイの契約と、月額最大432円のナビダイヤル通話料が別途必要。

(Security NEXT - 2015/08/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Switch」が大幅割引とだます任天堂の偽サイトに注意
11月はEC関連フィッシングサイトが前月比1.5倍に
10月は通信キャリアを装うフィッシングサイトが前月比3.6倍に
ゲーム利用者の約4割が複数ゲームアカウントでパスワードを使いまわし
スマホ利用者2割がセキュリティに不安 - MMD調査
「ウェブメール」のフィッシング被害が増加 - 偽フォームにメアドを自動入力する演出も
テレワーク実施、2021年は2020年に比べて微減 - MMD研究所調べ
実証実験で9割以上の特殊詐欺によるATM利用を検知 - ラックと三菱UFJ銀
9月はECサイト装うフィッシングサイトが2.7倍に
2021年3Qの情報提供は346件、標的型攻撃は3件 - J-CSIP