Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GMOメディアのMLサービスで不具合 - 他人のリストが閲覧可能に

GMOメディアは、運営するメーリングリストサービス「freeml」において、他ユーザーのメーリングリストを閲覧できる不具合が一時発生したことを公表した。

8月20日に発生したシステムの不具合が原因で、他ユーザーのメーリングリストの情報を閲覧できる状態だった。同日22時過ぎにユーザーから指摘があり、不具合に気が付いた。

同社では、翌21日17時ごろ特定の操作により、不具合が再現できることを確認。21時前に原因を特定してシステムを改修した。閲覧できた情報は、ニックネームやメールアドレス、都道府県、性別、生年月日などだが、実際にメーリングリストが閲覧されたのは1件のみだという。同社では、対象となる利用者に説明や謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2015/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

通販サイトでほかの顧客の個人情報が閲覧できる状態に - 平和堂
入国者健康確認システムで不具合、他申請者からパスポートなど閲覧可能に
高校の体験講座申込フォームで設定ミス、個人情報が流出 - 大阪市
発表前に関連情報が流出したプレスリリースは871件 - PR TIMESが調査結果
アンケート回答が閲覧可能に - セラピスト向けセミナーサービス
サーバが攻撃の踏み台に、CMS導入ファイル狙われる - 茨大工学部同窓会
ピアノ発表会の申込フォームで個人情報が第三者より閲覧可能に
「Omiai」運営会社の企業サイトで不具合 - 顧客の問い合わせを意図せずキャッシュ
公表資料で個人情報の黒塗り加工に不備 - 岐阜大
水道管調査サイトで一般利用者に管理者IDを誤発行 - 神戸市