Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

生徒の個人情報が車上荒らし被害、3日後発見 - 筑紫女学園中高

筑紫女学園中学校・高校の教諭が車上荒らしに遭い、生徒1517人の個人情報含むUSBメモリなどが盗まれたことがわかった。盗難物は3日後に発見されたという。

7月28日20時半ごろ、帰宅途中の教諭が車上荒らしに遭い、持ち去られたもの。盗まれたUSBメモリには、中学2年と3年生258人、および2006年度から2015年度に高校に在学していた1259人の氏名や試験結果、評定などが保存されていた。また、中学2年生1クラス分の生徒と保護者の氏名、住所、電話番号、生年月日などを記載した書類も盗まれたという。

盗難物は同月31日に発見された。同校では7月30日から8月2日にかけて保護者会を開催し、謝罪。経緯や今後の対策について説明している。

(Security NEXT - 2015/08/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

主任計量者の試験問題や個人情報含むUSBメモリを紛失 - 三重県
患者情報含む私物USBメモリが医局で所在不明に - 鹿児島大学病院
児童情報含む私物のUSBメモリを紛失 - 広島大付属小
小学校教諭が児童の個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 鳥栖市
児童クラブ職員が個人情報含むUSBメモリを紛失 - 草加市
Sophos製のセカンドオピニオン用マルウェア駆除ソフトに脆弱性
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック
職員が患者情報含む私物USBメモリを一時紛失 - 徳島市民病院
健診データ送付時に他事業所データを混入 - 報道健保
記者がUSBメモリ紛失、約10カ月後に発見され発覚 - 時事通信社