Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

デジタルガーディアンが事業展開を強化 - 制御機器向けソリューションも

デジタルガーディアンは、日本市場における事業展開を強化する。エンドポイント向けソリューションの販売チャネルの拡大するほか、制御機器向けソリューションを展開する。

同社は米Digital Guardianの日本法人として2006年に設立。エージェントを利用したエンドポイント向けデータ保護ソリューションを展開している。

今回あらたにチェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズなどで社長経験がある本富顕弘氏が社長へ就任。国内市場向けの事業展開を強化し、グローバル展開をしている製造業への販売に注力するほか、販売チャネルの拡大、技術アライアンスの推進、サービスプロバイダとの連携などを推進する。

また、5月に買収した制御機器向けホワイトリスト型セキュリティソリューション「Savant」の国内市場を開拓し、ATMやPOS、自動車などで組み込み機器や家電向けに展開していく。

(Security NEXT - 2015/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報流出の可能性示す痕跡を発見、最大対象件数を算出 - リニカル
「Azure」のセキュリティ対策やコストを診断 - 日商エレ
秘密計算技術で研究会、安全性基準など検討 - NECら
Chrome機能拡張の開発者をFacebookが告訴 - 個人情報収集で
機械学習活用したクラウド型DLPサービス - パロアルト
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
カプコン、ランサム被害を公表 - 個人情報最大36.4万件を窃取された可能性
サプライチェーンのセキュ対策評価サービスを提供 - ラックら
データ保護の責任所在 - 日本とアジア地域にギャップ
TMI P&Sと東京海上日動、サイバーリスク保険分野で提携