Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

タミヤに不正アクセス - ネットショップ登録者など最大10.7万件が流出の可能性

プラモデルやラジコンなどの模型販売を手がけるタミヤは、同社のウェブサーバが不正アクセスを受け、顧客の個人情報が外部へ漏洩した可能性があることを明らかにした。

20150721_ta_001.jpg
不正アクセスを受けたタミヤ

同社によれば、7月6日にJPCERTコーディネーションセンターより情報漏洩の可能性を指摘する連絡があり、調査を行ったところ、不正アクセスの痕跡を確認。会員の個人情報が外部へ流出した可能性があることが判明したという。

「タミヤショップオンライン」の登録者最大10万2891件や「TRFプロジェクトサポーター」の登録者最大653件の氏名や住所、郵便番号、電話番号のほか、ログインIDで用いるメールアドレスや暗号化されたログイン用パスワードが流出した可能性がある。また見学を予約した顧客最大3824件の氏名や住所電話番号、メールアドレスが流出したおそれがある。

今回の情報漏洩が原因と見られる被害は確認されていないという。同社では、パスワードについてハッシュ化していたとしつつも、パスワードの使い回しを行っている場合は変更するよう顧客に呼びかける。またセキュリティ対策を実施した上でサイトを再開する予定。

(Security NEXT - 2015/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

コスメ通販サイトに不正アクセス - 旧システムで被害
庁内システムに職員が不正アクセス、ポエムなど書き込み - 郡山市
外部指摘で4年以上前の不正アクセスが判明 - 美容関連出版社
サイトが改ざん被害、送受信メールも流出の可能性 - システム開発会社
米子会社に不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 東京化成工業
健食通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出し、悪用された可能性
印刷通販サイトに不正アクセス - クレカ情報など流出した可能性
職員が他課アカウントで不正アクセス、偶然1時間強で発見 - 伊東市
SQLi攻撃で顧客情報流出、顧客に脅迫メールも - アパレルブランド
サイバー攻撃で公式アプリ会員のメアドなど流出 - 食肉小売チェーン