Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2Qはインシデントが2割減 - 一方「DoS/DDoS」倍増、標的型攻撃は60件

2015年第2四半期のセキュリティインシデント件数は4188件で、前四半期の5485件を大きく下回った。一方で「DoS/DDoS」は前四半期から倍増している。JPCERTコーディネーションセンターが取りまとめた。

同センターによれば、同四半期のインシデント件数は4188件で、前四半期の5485件から縮小。月別に見ると、4月は1621件、5月は1320件、6月は1247件と減少傾向が続いた。サイト管理者などに対応を依頼した調整件数も2593件と、前期の3088件を下回っている。

インシデント別の内訳を見ると、「スキャン」が引き続き最多で、53番ポート、25番ポート、80番ポートに対するスキャンが多い傾向に変わりないが、2442件と前四半期の2980件から18%減となった。「ウェブサイト改ざん」も前期の792件から649件に減少している。「マルウェアサイト」も197件で前期の260件から縮小した。

一方、「DoS/DDoS」は71件となり、前期の32件から倍増した。4月に61件と集中したという。また同四半期から「標的型攻撃」があらたに追加され、60件が報告された。

「フィッシングサイト」も前期の466件を上回る491件となった。金融機関を装ったサイトが46.4%で、前期の36.4%から増加。国内ブランドを悪用したサイトが132件で27%、国外ブランドを悪用したサイトは239件で49%。国内ブランドが前期の12%から上昇している。

(Security NEXT - 2015/07/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「JSAC 2021」はオンライン開催に - 参加登録の受付を開始
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
日本シーサート協議会、オンラインカンファレンスを開催 - 未加盟でも参加可
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
金融業界の横断的演習「Delta Wall V」を実施 - 金融庁
関連インシデントもわかる情報リテラシー啓発資料 - ラック
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
委託先や下請け関連のインシデント対応コストが上昇傾向
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
JPCERT/CC、インシデント報告などセキュリティ対策の協力者に感謝状