Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェア感染なく問題なし - 日本郵政が調査結果

日本郵政は、同社内より外部へ意図しない通信を検知したとして調査を進めていたが、マルウェアの感染は確認されず、問題はなかったとの調査結果を発表した。

外部より指摘を受けて調査を行ったところ、事務に利用しているパソコンから意図しない通信が行われていることが6月29日に判明したとして、同社では事態を公表。その後、原因について調査、検証を進めていたが、マルウェアに起因する通信ではなく、問題ないことが判明したという。

(Security NEXT - 2015/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

活動再開の「Emotet」、1日あたり約十万件の攻撃メールを配信
個情委への漏洩報告が約3倍に - 医療機関や不正アクセスなどに起因
ランサム被害が発生、紙資料と電話で対応 - みやぎ産業振興機構
漁協直売店で「なりすましメール」 - 8月の「Emotet」感染が原因か
医療機関向け給食施設でランサム感染 - 委託元被害の関連性は調査中
大阪市保健所でメール誤送信 - 医師のメアド流出
給食委託先経由で侵入された可能性 - 大阪急性期・総合医療センター
和歌山県、県民プール装うメールに注意喚起 - 以前のEmotet感染と関連は不明
約3カ月ぶりに「Emotet」が攻撃再開 - 「信頼できる場所」で警告回避
3Qのセキュ相談、偽SMSが3.1倍 - 「Emotet」関連は大幅減