Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本郵政、外部への不正通信が判明 - 原因調査へ

日本郵政は、社内のパソコンより外部に対して、異常な通信が行われていたことを明らかにした。原因を調べている。

外部から指摘を受け、6月29日に不正通信が判明したもの。同社において事務に利用しているパソコンから、外部へ意図しない通信が行われていたという。

同社によると、社内からマルウェアは検知されていないという。同社では不正通信が発生した原因について調査、検証を進める。また他システムへの影響はなく、情報漏洩についても確認されていないと説明している。

(Security NEXT - 2015/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「SSL VPN」の脆弱性探索行為、国内でも観測
北朝鮮関与「HIDDEN COBRA」のツールに新亜種 - 米政府が情報公開
マグネシウム製品の通販サイトに不正アクセス - 顧客情報流出の可能性
IoT 機器セキュリティ基準の技適認定サービス
OTネットワークのリスク可視化サービス
パズル通販サイトに不正アクセス - 顧客の問い合わせで判明
「キャリア決済」狙うスミッシング - 2段階認証設定でも被害が
GPSトラッカー約30機種に脆弱性 - 位置情報流出や不正操作のおそれ
不正アクセスでクレカ情報流出、不正利用も - 刃物通販サイト
ロック系ファッション通販サイトに不正アクセス - 偽決済画面に誘導