Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本郵政、外部への不正通信が判明 - 原因調査へ

日本郵政は、社内のパソコンより外部に対して、異常な通信が行われていたことを明らかにした。原因を調べている。

外部から指摘を受け、6月29日に不正通信が判明したもの。同社において事務に利用しているパソコンから、外部へ意図しない通信が行われていたという。

同社によると、社内からマルウェアは検知されていないという。同社では不正通信が発生した原因について調査、検証を進める。また他システムへの影響はなく、情報漏洩についても確認されていないと説明している。

(Security NEXT - 2015/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

産官学連携する関西サイバーセキュリティネットワークが発足
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生
中国「APT10」による国内メディア狙った標的型攻撃 - 外交問題関連ファイルを偽装
顧客情報を誤って一般ゴミで廃棄、収集車から飛散 - ケアコム
Windowsへのゼロデイ攻撃、「FruityArmor」関与か - 「Skype」経由で攻撃
「FF XIV」に断続的なDDoS攻撃 - 日欧米の全データセンターが標的に
カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート
顧客へのアクセス権限持つMSP、APT攻撃の標的に - 米政府が警鐘