Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本郵政、外部への不正通信が判明 - 原因調査へ

日本郵政は、社内のパソコンより外部に対して、異常な通信が行われていたことを明らかにした。原因を調べている。

外部から指摘を受け、6月29日に不正通信が判明したもの。同社において事務に利用しているパソコンから、外部へ意図しない通信が行われていたという。

同社によると、社内からマルウェアは検知されていないという。同社では不正通信が発生した原因について調査、検証を進める。また他システムへの影響はなく、情報漏洩についても確認されていないと説明している。

(Security NEXT - 2015/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

暗号化メールが外部漏洩する「EFAIL」の脆弱性 - 多数メールクライアントに影響
ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
「SSL/TLS暗号設定ガイドライン Ver.2.0」を公開 - IPA
NTT、DNSによるブロッキングを準備 - 「政府決定にもとづく対応」強調
健康情報サイトへの不正アクセス、個人情報流出を確認 - 尼崎市
医療業界やサプライチェーン狙う攻撃グループを確認 - 標的はレガシーシステムか
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
北朝鮮悪用のFlash脆弱性、広く悪用される状態に - 海外中心に攻撃が拡大、国内でも
NEC、IoTデバイス通信をエッジで制御 - 非IP通信にも対応