Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

公開サイトのサイバー攻撃対策、約4割は基本的な対策を未実施

外部公開サイトへの攻撃に対する対策について、国内企業の約3割がウイルス対策を実施せず、4割がファイアウォールなどを導入してないことがわかった。

ガートナージャパンが3月に、国内ユーザー企業のIT部門マネージャーを対象に調査を実施したもので、有効回答は515。サイバー攻撃のうち外部公開サイトに対する攻撃に絞って、実施している対策について聞いた。

同社が基本的な対策と見なす7項目について、「実施済み」と回答したのは6割から7割にとどまり、のこりは「実施予定」「未定、不明」だった。

実施済みが多い順に見ると、「ウイルス対策ソフトウェアの導入(69.9%)」「ポリシーの作成(66.6%)」「認証、アクセス権管理(63.7%)」が上位となった。

また以降は「ガイドラインの作成、教育(62.7%)」「ファイアウォール、IPS、IDS、UTMの導入(60.2%)」「ネットワークやサーバ周辺の基本設計(59.2%)」「サーバ、ネットワーク機器へのタイムリーなパッチ適用(57.9%)」が続いている。

(Security NEXT - 2015/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査
政府、脱「暗号化zipファイル」検討へ - 意見募集で最多支持
「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」が決定 - 2名1団体が受賞
セキュリティ分野の「総務大臣奨励賞」が決定
国内主要企業の約8割、「DMARC」未導入 - 「Reject」ポリシーの活用わずか
自治体防災メール、送信ドメイン認証「SPF」に9割対応 - 「DMARC」は1割強
「IoTセキュリティ・セーフティ・フレームワーク」を策定 - 経産省
10月のフィッシング報告、過去最高更新 - URLは約17%減
9月のDDoS攻撃、前月比約1割増 - 攻撃の規模や継続時間は縮小
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG