Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイバーセキュリティ国際会議「CODE BLUE 2015」が10月に開催

国内発のセキュリティ国際会議「CODE BLUE 2015」が10月に都内で開催される。発表論文の募集を開始するとともに、参加申込の受け付けている。

同カンファレンスは、サイバーセキュリティに関する研究発表や専門家の交流の場を提供する日本発の国際会議。

第3回目となる今回の会期は10月28日、29日の2日間で、会場は都内のベルサール新宿グランド。定員は500名で、8月31日までは早期割引価格で提供する。

同イベントの開催にあたり、CODE BLUE実行委員会では、投稿論文の募集(Call for papers)を行っている。発表枠は約20を用意するとしており、応募締切は9月10日。

今回は、2015年1月1日時点で25歳未満を対象とするアンダー25枠にくわえ、技術にとらわれない一般課題の講演枠を追加するなど、あらたな試みも盛り込んだ。詳細は同イベントのウェブサイトから。

(Security NEXT - 2015/07/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」が決定 - 2名1団体が受賞
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
オンライン実施のCODE BLUE、参加費無料に - 講演募集も開始
「CODE BLUE 2020」がオンライン開催に - 新型コロナ影響で
「CODE BLUE 2020」の開催日程が決定 - CFPは春ごろ開始予定
CODE BLUE 2019開幕 - 脅威トレンドや世界情勢を反映
CODE BLUE 2019の全講演が決定 - 政策から話題の脆弱性までテーマ充実
CODE BLUE 2019の基調講演者が決定 - 講演はシングルトラックに
「CODE BLUE 2019」が10月下旬に開催 - 論文募集やチケット販売が開始
「CODE BLUE」カンファレンスが開幕、1100人以上が参加 - 法律やブロックチェーンの講演にも注目