Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

高電社、機密文書に対応するクラウド翻訳サービス

高電社は、機密文書などにも対応するクラウド翻訳サービス「J-SERVER Office Biz.クラウド」を提供開始した。

同サービスは、39言語に対応したクラウド翻訳サービス。同社が提供するイントラネット向け翻訳支援システムをベースに開発した。SSL暗号化通信をはじめ、24時間監視、バックアップシステムなどセキュリティに配慮したという。

39言語への対応に加え、英語、中国語、韓国語の専門用語辞書を標準で搭載。顧客専用のユーザー辞書や文例を登録できるほか、権限管理により個人や部門別の表示や編集にも対応している。

ファイルを開かずに一括翻訳できる「ファイル翻訳」やOfficeから翻訳できる「Officeアドイン翻訳」なども利用可能。

(Security NEXT - 2015/07/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アプリのセキュ要件やテスト項目まとめた「OWASP ASVS 4.0」の日本語訳
機微情報の取扱基準示す「TLP」のガイダンスに日本語版
「NISTプライバシーフレームワーク」の翻訳を無料で提供
三菱東京UFJ銀装うフィッシング攻撃が断続的に発生中 - 「個人情報漏洩事件が起こった」と不安煽る
アンケート回答で「iPhone Xプレゼント」とだます「偽日本郵便」に注意を
ドイツ政府が懸念する産業用制御システムの10大脅威とは
「Yahooからのご挨拶です」と届くフィッシングメールに注意
「PSIRT Services Framework」の日本語版が公開
「Apple」「Amazon」装うフィッシング - アカウントロックで不安煽る手口
「PCI PIN Security」の日本語審査を提供 - NTTデータ先技