Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

高電社、機密文書に対応するクラウド翻訳サービス

高電社は、機密文書などにも対応するクラウド翻訳サービス「J-SERVER Office Biz.クラウド」を提供開始した。

同サービスは、39言語に対応したクラウド翻訳サービス。同社が提供するイントラネット向け翻訳支援システムをベースに開発した。SSL暗号化通信をはじめ、24時間監視、バックアップシステムなどセキュリティに配慮したという。

39言語への対応に加え、英語、中国語、韓国語の専門用語辞書を標準で搭載。顧客専用のユーザー辞書や文例を登録できるほか、権限管理により個人や部門別の表示や編集にも対応している。

ファイルを開かずに一括翻訳できる「ファイル翻訳」やOfficeから翻訳できる「Officeアドイン翻訳」なども利用可能。

(Security NEXT - 2015/07/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Google翻訳」悪用したフィッシングが横行 - 誘導先を正規ドメインに偽装
au装うフィッシング - 誘導に「Google翻訳」を悪用するケースも
(ISC)²とNTT-ATが提携強化 - SSCPのトレーニングを日本語化
XDRのマネージドサービスが日本語対応 - ソフォス
飛鳥歴史公園の利用者向けサイトが改ざん - 無関係なコンテンツ
SQLi攻撃で顧客のメールアドレスが流出 - ロゴヴィスタ
CSIRTの倫理規範「EthicsfIRST」の日本語版を公開 - JPCERT/CC
メルマガで不具合、会員のメアドが流出 - 翻訳者向け会員制サービス
アプリのセキュ要件やテスト項目まとめた「OWASP ASVS 4.0」の日本語訳
機微情報の取扱基準示す「TLP」のガイダンスに日本語版