Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「SKYSEA Client View」に新版 - マイナンバー制度への対策支援機能

Skyは、クライアント運用管理ソフトウェア「SKYSEA Client View」の新版を販売開始した。

同製品は、クライアントにおけるソフトウェア資産をはじめ、ログ、デバイスなどをポリシーに従って管理できるソフトウェア。

最新版となる「同10.2」では、業務基幹システムの利用状況を把握できる機能を強化。アプリケーションごとに、アカウントの取り扱いに関するログを取得したり、PCの操作画面を録画できるようになった。

同製品では従来より録画機能など提供しているが、1台単位で導入できるオプションライセンスとして提供し、2016年より開始となるマイナンバー制度の対策支援機能として展開していく。

(Security NEXT - 2015/07/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
サプライチェーンのセキュ対策評価サービスを提供 - ラックら
大規模環境に対応する制御システム向けIPS製品 - トレンド
組織のポリシー踏まえてテレワークリスクを可視化 - 富士通SSL
テレワーク環境向けセキュリティ診断サービスを提供 - DNPら
パブリッククラウドの監査サービス - CECとソフォス
マルチクラウド対応の集中管理製品「FireEye Cloudvisory」
セキュ対策などテレワークに必要な機能のパッケージ
テレワーク体制向けセキュ診断サービス - ヒアリングで重点調査も実施
セキュリティ管理製品に新版、クラウド対応を強化 - カスペ