Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「SKYSEA Client View」に新版 - マイナンバー制度への対策支援機能

Skyは、クライアント運用管理ソフトウェア「SKYSEA Client View」の新版を販売開始した。

同製品は、クライアントにおけるソフトウェア資産をはじめ、ログ、デバイスなどをポリシーに従って管理できるソフトウェア。

最新版となる「同10.2」では、業務基幹システムの利用状況を把握できる機能を強化。アプリケーションごとに、アカウントの取り扱いに関するログを取得したり、PCの操作画面を録画できるようになった。

同製品では従来より録画機能など提供しているが、1台単位で導入できるオプションライセンスとして提供し、2016年より開始となるマイナンバー制度の対策支援機能として展開していく。

(Security NEXT - 2015/07/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ビルシステムのセキュリティ対策カタログをリリース - CSSC
「サイバーレジリエンス現状分析サービス」を提供開始 - 日立ソ
ブロックチェーンの脆弱性診断サービスを提供 - ProVision
銀行のサイバーセキュリティに特化したパッケージ - イエラエ
XDRのマネージドサービスが日本語対応 - ソフォス
サプライチェーンのリスク調査サービスを提供 - ソリトン
管理が不十分なサーバやネットワーク機器を洗い出すサービス - マクニカネット
OTとIT環境のトラフィックや資産を可視化する新サービス
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
サプライチェーンのセキュ対策評価サービスを提供 - ラックら