Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

7月1日に「うるう秒」挿入 - システムトラブルに警戒を

7月1日に「うるう秒」の調整が実施される。前回の2012年に一部で不具合も生じた経緯もあり、関係機関やホスティング事業者などが注意を呼びかけている。

うるう秒の挿入は、原子時計に基づく時刻と天文時のずれを解消する作業。今回の挿入は、国際機関である「国際地球回転・基準系事業(IERS)」による1月5日の決定によるもので、うるう秒の挿入は3年ぶりとなる。

情報通信研究機構(NICT)では、2015年7月1日8時59分59秒と9時00分00秒の間に「8時59分60秒」を挿入。コンピュータに時刻を提供する「NTPサービス」や電波時計向けの標準電波などにおいて「うるう秒」挿入後の日本標準時を発信する予定。

NICTでは、金融機関やタイムスタンプをはじめ、正確な時刻管理が求められるコンピュータやネットワーク機器などへの影響も懸念されるとして従来より注意を呼びかけている。

また前回2012年の挿入時に一部のLinuxカーネルの不具合により、CPUの使用率が上昇したり、カーネルパニックなどが発生した経緯がある。

一部ホスティング事業者では、うるう秒への対応をアナウンスしているほか、事前に利用環境が影響を受けるか調査し、アップデートを実施するなど必要に応じて対策を講じるよう利用者へ呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/06/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

研修申込者の個人情報をネット上に誤公開 - 埼玉県
イベント当選者のメアド流出、一斉送信機能に不具合 - アニメイトカフェ
「看板商品創出事業」で情報流出、アクセス権限の設定漏れで - 観光庁
通知裏面に別人の健診結果、印刷操作ミスで - 宮城県
楽モバの通信障害、ソフトに不具合 - 緊急対応判断に時間要し長期化
全日本スキー連盟の会員管理システムに不具合 - 検索機能に不備
政府の共通認証サービス「GビズID」に不正アクセス
LINEのURLプレビュー機能に不具合 - 限定公開URLが漏洩したおそれも
イベント申込フォームで他申込者の個人情報を表示 - 水戸ホーリーホック
匿名加工用の医療データDBに本人通知なく取得したデータ - プログラムミスで