Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

母の日の続いて父の日に詐欺サイトが便乗 - 高級ブランドの格安販売で誘引

母の日の次は、父の日——同日にプレゼントを渡そうとインターネットで商品を探す人々を狙い、個人情報や金銭を騙し取る詐欺サイトが複数確認されている。高級ブランド品の格安販売には特に注意が必要だ。

5月には、母の日に便乗した詐欺サイトが見つかっているが、6月に迎える父の日をターゲットにした詐欺サイトが複数設置されていることをBBソフトサービスが確認、報告した。

こうした詐欺サイトでは、腕時計や財布など高級ブランド品の割引販売を装っており、代金を騙し取られたり、送信した個人情報を悪用されるおそれがある。「父の日」「母の日」だけでなく、時節のイベントに乗じる詐欺行為は以前から確認されており、今後も十分な注意が必要だ。

(Security NEXT - 2015/06/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスで顧客宛に詐欺メール、個人情報流出の可能性も - 暗号資産取引所
「SAP」を狙うサイバー攻撃、事業停止のリスクも - 利用企業は早急に確認を
2月はクレカ会社のフィッシングサイトが1.3倍に - BBSSレポート
松井証券で顧客資産約2億円が不正引出 - 長年業務に携わる委託先SEが権限悪用
ブラウザの通知機能を悪用、巧妙な「偽アラート」に注意
訪問代理店が顧客情報を不正取得 - ソフトバンク
1月のフィッシングサイト、前年同月の倍に - 6割弱が偽ECサイト
消費者庁が「サポート詐欺」に注意喚起 - MSロゴなど悪用
33%がPWを使い回し、52%は似たPWを再利用 - F-Secure調査
ランサムウェア「Fonix」が活動停止 - 謝罪して復号鍵を公開