Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「セキュキャン九州」が福岡で開催 - 3日間の合宿講座も

情報処理推進機構(IPA)、セキュリティ・キャンプ九州実施協議会、九州大学サイバーセキュリティセンター、セキュリティ・キャンプ実施協議会は共同で、8月に「セキュリティ・キャンプ九州 in 福岡2015」を開催する。

セキュリティ・キャンプは、情報セキュリティ人材の発掘や育成を目的としたイベント。今回の九州大会では、8月28日に一般講座、28日から30日にかけて学生を対象とした合宿講座を、九州大学西新プラザにおいて開催する。

合宿講座では、ウェブプログラミングを学んだうえで、ウェブサイトの脆弱性の探し方や脆弱性の修正方法について実践的な講義が行われる。また、本物のマシン上でプログラミングやハッキングなどの体験学習も行う。

受講料は無料で、誰でも参加できる一般講座は定員200人。申込締切は8月21日17時。合宿講座の定員は20人で、選考のうえ決定する。申込締切は7月17日17時。詳細は、セキュリティ・キャンプ実施協議会のウェブサイトから。

(Security NEXT - 2015/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米政府、「Exchange脆弱性」対策で追加指令 - スキャンや対策強化など要請
2月はクレカ会社のフィッシングサイトが1.3倍に - BBSSレポート
セキュキャン修了生の発表イベント - オンラインで開催
セキュキャン、応募課題を先行公開 - 応募期間短く注意
セキュキャン全国大会、オンライン開催に - 新型コロナ影響で
セキュキャン修了生の交友会をオンラインで開催
「情報セキュリティ文化賞」受賞者6名を発表 - 情セ大
8カ国から若者が集結する「GCC」 - 国内参加者の募集開始
キャンプ場予約サイトに不正アクセス - 施設のメアドが流出か
「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」の参加者募集がスタート