Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ製品への注目集まる「Interop Tokyo 2015」

20150611_in_003.jpg
注目を集める「ShowNet」

インターネットの今と未来が体験できる「Interop Tokyo 2015」。2014年を上回る来場者で連日賑わいを見せている。インフラやシステムを影で支えるセキュリティソリューションも大きく注目を集めている。

最初にチェックしておきたいのは、イベント会場に構築されたネットワークインフラである「ShowNet」。実際のネットワーク環境を保護するセキュリティアプライアンス機器が稼働している。いずれも出展者から調達されたものなので、最初に気になる機材をチェックし、各ブースで詳細をチェックすると良いだろう。

20150611_in_006.jpg
情報通信研究機構(NICT)

情報通信研究機構(NICT)では、今後技術移転も計画されているサイバー攻撃統合分析プラットフォーム「NIRVANA 改」を公開している。本来目に見えない攻撃を、近未来的なヴィジュアルで可視化できるソリューションは一見の価値ありだ。

フォーティネットジャパンは、データセンター向けに提供する高速ファイアウォール「FortiGate-3810D」のスループットのライブデモを披露を公開。パロアルトネットワークスでは、高機能ファイアウォールのほか、新開発したエンドポイントを脆弱性から保護する「Traps」を出展している。

(Security NEXT - 2015/06/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

4月に「Interop Tokyo 2021」、会場開催も - テーマは「DX」
「Interop Tokyo Best of Show Award」が発表 - 受賞セキュリティ製品は?
「Interop Tokyo」がオンラインイベント開催 - アワード発表も
「Interop Tokyo 2017」が開催中 - セキュリティ関連ブースをチェック
4月開催「Interop Tokyo 2020」が中止に - コロナ状況の見通し立たず
10月に「ShowNet」解説イベント - 脅威情報の収集活用がテーマのセッションも
Interopの「ShowNet」、2019年は80社2000製品で構成
Interop Tokyo 2019が開幕 - 「Best of Show Award 2019」が決定
SSL/TLSを取り巻く状況や鍵管理に関する文献調査を実施 - IPA
「Interop Tokyo 2017」が開幕、セキュリティ関連の出展も充実 - 6月9日まで