Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立シス、制御システムに特化したファジングツールなど

日立システムズは、制御システム向けにファジングソフトウェアおよびサイバー攻撃対策ソフトウェアを今夏より販売開始する。

同製品は、制御システムを利用する電力、ガス、水道、鉄道などの重要インフラ事業者や、プラント向けに展開するもの。提供にあたっては、FFRIと協業。FFRI製品をベースに日立システムズが開発や独自のカスタマイズを行っており、日立システムズの独占販売となる。

具体的には、「FFR Raven」をベースに日立システムズが開発したファジングソフトウェア「Raven ES」を制御システム機器の開発者向けに販売。また同製品を利用したサービスを提供し、脆弱性の検査を支援する。

また運用している事業者向けに、マルウェア対策として「FFR yarai」をカスタマイズした「制御向けyarai」を販売。登録したプログラムのみ動作を許可するホワイトリスト機能を追加したという。

同社では2018年度末までに約8億円の販売を目指して両製品を展開していく。

(Security NEXT - 2015/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ビルシステムのセキュリティ対策カタログをリリース - CSSC
脆弱性DB「JVN iPedia」の3Q登録数、前四半期から倍増
3Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんは増加
「制御システムセキュリティカンファレンス2023」のCFPが開始に
インフラ関係者9割超、サイバー攻撃による産業制御システムの中断を経験
2Qのインシデント、前期比約1.3倍に - フィッシングやスキャン行為が増加
脆弱性DB「JVN iPedia」への登録、2Qは2325件 - 前四半期から1455件減
「情報セキュリティ白書2022」の無料PDF版を公開 - IPA
2022年1Qの脆弱性DB登録は3780件 - 5四半期ぶりに減少
2022年1Qのインシデント、前四半期から15.2%減