Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルスバスター新版がベータ公開 - マイナンバー漏洩防止機能も

トレンドマイクロは、コンシューマー向けセキュリティ対策ソフト「ウイルスバスタークラウド」の次期バージョンをベータ版として公開した。

ユーザーのフィードバックを製品開発に活かすためベータ版として公開したもの。無償で利用できるが、使用期限は7月31日までとなる。

マイクロソフトが公開している「Windows 10 Insider Preview」に対応。またマイナンバーを事前に登録しておくことで外部への送信を防ぐ機能を追加した。

さらにウェブサイトのSSL証明書をチェックする機能や、Facebookにおけるプライバシー保護機能の強化など新機能を試すことができる。

同社ウェブサイトからダウンロード可能で、アンケートに回答すると抽選で200人にAmazonのギフト券3000円分が当たる。

(Security NEXT - 2015/06/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ノートン360」の上位製品に個人情報流出の通知機能
33%がPWを使い回し、52%は似たPWを再利用 - F-Secure調査
法人向けESETエンドポイント製品のWindows版に新版 - 暗号化製品も追加
フィッシングにパーソナライズの傾向 - 狙われるブランドは変わらず「MS」
コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
フィッシング攻撃が多い曜日は? - 悪用ブランドはMSが突出
ネット接続機器の脆弱性対処法は? - 開発者や消費者向けにガイドブック
データ保護の責任所在 - 日本とアジア地域にギャップ
「Acronis True Image 2021」が登場 - 上位版にマルウェア対策機能
トレンドマイクロの複数製品に脆弱性 - 順次更新を実施