Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールでマルウェア感染、個人情報約125万件が漏洩 - 日本年金機構

20150601_ne_001.jpg

日本年金機構のパソコンがマルウェアへ感染し、外部へ個人情報が漏洩したことがわかった。同機構は、詳細について調査を進めるとともに、基礎年金番号の変更など対応を進めている。

同機構のパソコンがマルウェアへ感染し、個人情報が外部へ漏洩していることが5月28日に判明したもの。「氏名」「基礎年金番号」「生年月日」を含む約116.7万件や、それに住所をくわえた約5.2万件など、現在わかっているだけであわせて約125万件にのぼる。

マルウェアは、メールの添付ファイルを開封したことに感染。外部より端末に対してアクセスが発生した。端末を隔離し、マルウェアの駆除などを行うとともに警察へ被害を届けた。

基幹である社会保険オンラインシステムに対する不正アクセスは確認されていないが、同機構では詳細について調査を進めている。同機構は、今回の漏洩を受けて、関係者の基礎年金番号を変更するほか、年金手続きの際、本人確認などを実施する。

(Security NEXT - 2015/06/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

書類を誤送付、宛名シールのミスに気づかず - 広島銀
ランサム被害で個人情報流出の可能性、データは復元 - JA大潟村
個人情報含む書類を自宅に持ち帰り、職員を懲戒処分 - 牟岐町
メール通知サービスで個人情報が閲覧できる脆弱性 - 第一生命
職員の退職関連書類が所在不明に - 東京都
預かった保管文書が箱ごと所在不明に - 丸和運輸機関子会社
受給者約97万人分の年金振込通知書に別人の情報 - 日本年金機構
メディア宛メールで誤送信、宛先にアドレス記載 - GPIF
保育施設保護者向け書類を誤配布、国保免除申請書の紛失も - 高槻市
個人情報の関連事故10件を公表 - 大阪市