Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

標的型攻撃メールは年間505件 - 国内発のメール目立つ

情報処理推進機構(IPA)は、「サイバー情報共有イニシアティブ(J-CSIP)」において、2014年度に505件の標的型攻撃メールに関する情報が寄せられたことを明らかにした。

J-CSIPは、標的型攻撃に対抗するため、官民連携の情報共有の場として2011年10月に発足した組織。59の参加組織による情報共有体制を確立し、サイバー攻撃に関する情報を共有してセキュリティ対策に活用している。

2014年4月から2015年3月までに情報提供された不審なメール626件のうち、標的型攻撃メールと見なした505件について分析。送信元地域を見ると、国内を発信元としたメールが22%にのぼり、はじめて最多となった。次に多いのは米国の21%で、この2カ国でほぼ半数を占める。一方49%は「不明」だった。

送信にはフリーメールが悪用される傾向が続いており、71%にのぼった。一方で、国内ISPメールなど、個人や組織のメールアカウントが乗っ取られたり、詐称されるケースもあるので注意が必要だという。

(Security NEXT - 2015/05/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
2020年上半期の標的型攻撃は3978件、前年同期の約1.5倍に - 警察庁まとめ
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件
4社に1社、パッチ適用頻度は数カ月に1度
標的型攻撃、「圧縮ファイル」利用が前年比2.5倍に
2019年4Qの標的型攻撃メールは47件 - 情報提供の7割が「Emotet」
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇