Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTコム、VPNサービスのグローバル展開を開始

NTTコミュニケーションズは、企業向けの仮想ネットワークサービス「Arcstar Universal One Virtual」のグローバル展開を開始した。

同サービスは、ネットワーク回線や機器を仮想化するネットワーク仮想化技術を活用することで、既存のネットワーク環境を変更せずにVPNを構築するもの。端末に専用アプリをインストールする「アプリタイプ」と、専用アダプタをルータ下に設置する「アダプタタイプ」の2プランがある。

今回、接続拠点を米国やヨーロッパ、アジア太平洋地域に拡大。27の国や地域でサービスを提供する。これにより、海外の支店や事業所などにおける仮想ネットワーク構築が可能になる。

(Security NEXT - 2015/05/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス
カスペがiOS向けにセキュアプリ - フィルタリングや情報流出の確認機能
ゲーマー向け「ノートン」が発売 - ゲーム用にCPU処理能力を確保する新機能
UTMに1Uの高スループットモデルを追加 - ウォッチガード
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
IPAとNTT東、テレワークシステムを緊急開発 - 10月末まで無料開放
テレワーク環境向けに期間限定の脆弱性診断 - BBSec
リモート環境のセキュリティ診断サービスを開始 - セキュアワークス
「WS 2008」のセキュリティ診断付きAzure移行支援サービス