Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Linux用セキュリティ対策ソフトを個人向けに無償提供 - ソフォス

ソフォスは、法人向けLinux用セキュリティ対策ソフトを、コンシューマー向けに無料で提供すると発表した。

「Sophos Anti-Virus for Linux」の無料版を個人ユーザー向けに提供するもの。ソフトウェアやマルウェア対策エンジン、定義ファイルのアップデートなど、無料版でも有料版と同様に提供する。

ただし、集中管理機能は搭載されておらず、サポートも提供しない。同社では、Linux向けソフトにおいても、6月からクラウドを利用した管理プラットフォーム「Sophos Cloud」に対応する予定で、無料版ユーザーに有料のアップグレードパスを提供するとしている。

(Security NEXT - 2015/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2Qの「JVN iPedia」登録は2735件 - 前期の1.6倍に
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
複数脆弱性を修正した「Chrome 91.0.4472.164」が公開 - すでに悪用コードも
「Aruba ClearPass Policy Manager」に13件の脆弱性 - アップデートが公開
ソフトウェアのサプライチェーンリスク対策でSBOM利用を促進 - Linux Foundation
「Chrome」にアップデート、ゼロデイ脆弱性を修正
「Chrome 91.0.4472.101」が公開 - ゼロデイ脆弱性に対応
クラウド型のウェブ閲覧環境分離サービス - 高リスクサイトだけの利用も
SAML認証ライブラリ「Lasso」に脆弱性 - ライブラリ依存の幅広い製品へ影響