Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「VENOM」が一部クラウド業者を直撃 - 対応状況に注意を

仮想マシンからホストなどへの攻撃が可能となる脆弱性「VENOM」が判明した問題で、国内のクラウドベンダーなどは、影響や対応状況などについてアナウンスを開始している。

今回明らかとなった「CVE-2015-3456」は、QEMUのフロッピーディスクドライブのエミュレーション機能に特権の昇格が生じる脆弱性が判明したもの。「Xen」「KVM」など「QEMUクライアント」が影響を受ける。管理者権限を持つ仮想マシンから、仮想マシンのホストや同一ホスト上で動作する別の仮想マシンに対する攻撃が可能となる。

脆弱性が判明したことを受け、仮想マシンをホスティングするクラウドベンダーなども、対応状況についてアナウンスを開始している。さくらインターネットでは、「さくらのVPS」「さくらのクラウド」の全サーバやアプライアンス、「さくらの専用サーバ」「専用サーバ」の一部に影響があると説明。パッチの適用やアップデートを行う方針。

またGMOクラウドでは、同社サービス「GMOクラウドALTUS」「GMOクラウドpublic」「GMOクラウドVPS」などに影響があるとし、調査を進めているという。

(Security NEXT - 2015/05/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

WP向けダウンロード監視プラグインに脆弱性
「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
VMwareの複数製品に脆弱性 - CVSS基本値が「9.8」の脆弱性も
Adobe、10製品向けにセキュリティアップデートを公開
SonicWall製品のVPNに深刻な脆弱性 - 約80万台に影響か
「VMware Horizon」のクライアントにサービス拒否の脆弱性