Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、月例セキュリティ更新13件を公開 - 脆弱性48件を修正

日本マイクロソフトは、5月の月例セキュリティ更新13件を公開した。あわせて48件の脆弱性に対応したという。

20150513_ms_002.jpg
5月のセキュリティ更新一覧(表:日本MS)

最大深刻度が、4段階中もっとも高い「緊急」は3件。いずれも脆弱性が悪用された場合、リモートでコードを実行されるおそれがある。

「MS15-043」は、「Internet Explorer」の累積的な脆弱性を修正した。メモリ破壊やASLR(Address Space Layout Randomization)のバイパス、特権の昇格、クリップボード経由の情報漏洩など、脆弱性22件を解消している。

一方「MS15-044」では、フォントドライバの脆弱性2件に対応。これら脆弱性が悪用された場合、細工されたファイルやサイトを閲覧した場合にコードを実行されるおそれがある。また「MS15-045」では、Windows Journalの脆弱性6件を修正。そのうち2件については悪用は確認されていないものの、すでに公開されている。

(Security NEXT - 2015/05/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

トレンド製「スマートホームスキャナー」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
Zyxel製品の深刻な脆弱性、4月に修正済み - 報告者がサイレントパッチの危険性を指摘
「BIG-IP」脆弱性に注意 - 実証コード公開済み、探索や悪用も
「Chrome 101.0.4951.64」がリリース - 13件のセキュリティ修正を実施
Adobe、「Framemaker」「InDesign」など5製品でセキュリティ更新
2021年に悪用多かった脆弱性トップ15 - 首位は「Log4Shell」、VPNも引き続き標的に
MS、5月の月例パッチで脆弱性73件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
「Magnitude Simba」のODBCドライバなどに脆弱性
富士通製のセキュリティ帯域制御製品に深刻な脆弱性
「OpenSSL」に4件の脆弱性 - アップデートが公開