Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「WordPress」に深刻な脆弱性 - セキュリティ更新が公開

コンテンツマネージメントシステム(CMS)の「WordPress」に、深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。脆弱性を解消するセキュリティアップデートが公開されており、早急に更新するよう強く推奨されている。

セキュリティアップデートとして最新版となる「同4.1.2」を公開したもの。不特定のユーザーによってスクリプトが実行されるおそれがある深刻なクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性を解消した。

それ以外にも、危険なファイルがアップデート可能である脆弱性や、SQLインジェクション、クロスサイトスクリプティングなど、3件の脆弱性を修正。またセキュリティ面の強化として4種類の対策を講じたという。

(Security NEXT - 2015/04/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「小児医療情報収集システム」への不正アクセス - 原因は脆弱なパスワード
「WordPress 5.8.1」が公開に - 3件のセキュリティ修正
WP向けクイズプラグインにXSSの脆弱性
WordPress向け「不動産プラグイン」シリーズに脆弱性
「WordPress Popular Posts」にXSSの脆弱性 - コードインジェクションのおそれも
WordPress向けカートプラグインにXSSの脆弱性
サーバが攻撃の踏み台に、CMS導入ファイル狙われる - 茨大工学部同窓会
WordPress向けSEOプラグインに脆弱性 - アップデートが公開
「WordPress 5.7.2」が公開 - 1件のセキュリティ修正
ジオコードの企業サイトが改ざん被害 - 顧客情報流出は否定