Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「WordPress」に深刻な脆弱性 - セキュリティ更新が公開

コンテンツマネージメントシステム(CMS)の「WordPress」に、深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。脆弱性を解消するセキュリティアップデートが公開されており、早急に更新するよう強く推奨されている。

セキュリティアップデートとして最新版となる「同4.1.2」を公開したもの。不特定のユーザーによってスクリプトが実行されるおそれがある深刻なクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性を解消した。

それ以外にも、危険なファイルがアップデート可能である脆弱性や、SQLインジェクション、クロスサイトスクリプティングなど、3件の脆弱性を修正。またセキュリティ面の強化として4種類の対策を講じたという。

(Security NEXT - 2015/04/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

WP向け会員制サイト構築プラグインにSQLi脆弱性
グラフや表を作成のWP向けプラグインに深刻な脆弱性
フォームカスタマイズ用WPプラグインに未修正の脆弱性
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
WP用ユーザー管理プラグインに脆弱性 - サイト管理者権限奪われるおそれ
「WordPress 5.5.2」がリリース - セキュリティ関連で10件の修正
WP向けダウンロード監視プラグインに脆弱性
WP向けプラグイン「File Manager」脆弱性、国内でも悪用被害
脆弱なファイル管理用WPプラグインを狙う攻撃を国内で観測
WP向けファイル管理プラグインに深刻な脆弱性 - ゼロデイ攻撃も