Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、ネットエージェントを子会社化

ラックが、2015年3月30日付でネットエージェントの発行済み株式の約8割を取得する株式譲渡契約を締結し、同社を子会社化することがわかった。

ネットエージェントの代表取締役社長である杉浦隆幸氏や同氏親族などが保有する同社株式の81.4%を取得する契約をラックが締結したもの。ラックでは、ネットエージェントの他株主とも譲渡交渉を進めており、全株を取得する予定だという。

子会社化後も、杉浦氏は引き続きネットエージェントの代表取締役社長として経営に参画する予定。またラックより取締役を迎え入れ、経営体制を強化し、ラックのノウハウを活かした新製品の開発や、既存サービスの効率化などを推進していく。

(Security NEXT - 2015/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

日立システムズ、セキュアブレインを吸収合併 - MSS事業拡大に注力
2023年上場関連企業による個人情報事故は175件 - TSR
インスタアカウント2件が乗っ取り被害 - ブランジスタ子会社
顧客情報のアクセス権限を設定ミス、子会社から閲覧可能 - 東邦ガス
米子会社にサイバー攻撃、生産や出荷に影響 - AGC
送配電子会社から顧客情報が閲覧可能、点検で判明 - 九電
取材メモがネット流出、派遣スタッフから - NHK
マルウェア感染を否定、ハード故障が原因と訂正 - 泉北高速鉄道
海外子会社でランサム被害、従業員情報が流出 - ヤマハ発動機
子会社従業員が顧客の個人情報をSNSに投稿 - ダイナックHD