Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、ネットエージェントを子会社化

ラックが、2015年3月30日付でネットエージェントの発行済み株式の約8割を取得する株式譲渡契約を締結し、同社を子会社化することがわかった。

ネットエージェントの代表取締役社長である杉浦隆幸氏や同氏親族などが保有する同社株式の81.4%を取得する契約をラックが締結したもの。ラックでは、ネットエージェントの他株主とも譲渡交渉を進めており、全株を取得する予定だという。

子会社化後も、杉浦氏は引き続きネットエージェントの代表取締役社長として経営に参画する予定。またラックより取締役を迎え入れ、経営体制を強化し、ラックのノウハウを活かした新製品の開発や、既存サービスの効率化などを推進していく。

(Security NEXT - 2015/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

FRONTEO米子会社、複数サーバがランサム被害 - メールシステム脆弱性を悪用か
リスクマネジメント分野の新会社を設立 - NTT東ら
ランサム攻撃、脆弱性含むネットワーク機器から侵入か - 月桂冠
ファイルサーバへのサイバー攻撃、海外子会社経由で - 沖電気
FRONTEO米子会社にサイバー攻撃 - DC上のデータがランサムウェアの標的に
J-CSIP、標的型攻撃情報29件を共有 - FAX起点とするBECも
大和証券海外子会社にサイバー攻撃 - 情報流出など影響を調査
子会社リモート接続機器脆弱性が標的に、横展開からランサム - 小島プレス工業
月桂冠がランサム被害、子会社にも影響 - 生産には影響なし
エスビー食品子会社でランサムウェア被害 - 生産供給に影響なし