Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシングなどネット詐欺が2014年後半にかけて急増

フィッシング詐欺や偽通販サイトなど、ネット関連詐欺が2014年後半にかけて急増していることがわかった。

トレンドマイクロが2014年のセキュリティ動向を分析、取りまとめたもの。2014年8月以降に「偽サイト」「なりすましECサイト」などと呼ばれる通販関連の詐欺サイトが多発。10万人以上の利用者が詐欺サイトに誘導されたことが判明しているという。

詐欺サイトへの誘導方法は、不正広告のほか、ウェブ検索結果の上位に不正サイトを表示させる「ブラックハットSEO」の手口が確認されている。

またフィッシング詐欺も依然として活発だったとしており、2014年間で176万ユーザーがフィッシングサイトへ誘導された。

特に4月以降に急増しており、フィッシングサイトへのアクセスをブロックした件数を見ると、第1四半期は27万4000件、第2四半期は13万5000件だが、第3四半期には61万2000件に急増。第4四半期は75万件となり、下半期は上半期の約3倍増となっている。

また、オンラインバンキングを狙った詐欺ツールも拡大しており、「AIBATOOK」や「VAWTRAK」「WERDLOD」など、2013年に主流だった「ZBOT」とは異なるプログラムも多数確認された。オンラインバンキングを狙った代表的な不正プログラムの検出台数は、2013年の2万5200台から4万7700台へと拡大している。

(Security NEXT - 2015/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「OCカード」の利用者狙うフィッシング攻撃が発生
「ETCのアカウントを停止した」と不安を煽るフィッシング
持出情報同期したクラウドアカウントがフィッシング被害 - 千葉大付属病院
フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超
鹿児島銀のネットバンク装うフィッシング攻撃 - 乱数表も詐取
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
「ほくせんカード」利用者を狙うフィッシング攻撃
東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多 - 報告やURLも大幅増