Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

九州地区で情報セキュリティの合同勉強会が開催

セキュ鉄、ばりかた勉強会、セキュリティさくら、Hack in the Cafe Fukuokaなど九州地区で活動する情報セキュリティ勉強会は、2月28日に福岡で合同勉強会を開催する。

講師には、NECネクサソリューションズの中西克彦氏を招き、インシデントレスポンスの現状や、Hardeningの経験などについて語るほか、情報処理推進機構(IPA)の佳山こうせつ氏が、CSIRT運用や人材育成の経験談や今後の課題について講演する。

またパネルディスカッションやライトニングトークを予定している。参加費は1000円で、大学院生除く学生は無料。勉強会後は懇親会も行われる。詳細や申し込みについては同イベントのページから。

(Security NEXT - 2015/02/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

21店舗で顧客情報の紛失や誤廃棄が判明 - 福岡ひびき信金
「Chrome」にゼロデイ脆弱性 - 前回ゼロデイ対応から1週間強で
「制御システムセキュリティカンファレンス」の参加者募集がスタート
Ubuntuに権限昇格の脆弱性 - 詳細情報も公開
会員管理システムにサイバー攻撃、情報流出の可能性 - 日本栄養士連盟
米政府、ソフトウェアサプライチェーン保護のガイダンスを公開
Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加
研究者狙うサイバー攻撃、講演や取材の依頼を偽装
職業訓練生が教室に置き去られた名簿をスマホ撮影 - 群馬県