Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

事故やケガの状態など含む顧客情報を紛失 - 損害保険ジャパン日本興亜

損害保険ジャパン日本興亜は、顧客情報が記載された保険金支払関連書類2729件が所在不明となっていることを明らかにした。

同社によれば、2014年9月に秋田保険サービス第1課において、顧客情報220件含む保険金支払関連書類の紛失が判明。これを受けて全社一斉点検を実施したところ、仙台市の東北冬季事故受付センターで2444件、水戸市の水戸保険金サービス第1課で65件を紛失していることがわかった。

所在がわからなくなっているのは、自賠責保険や任意保険の保険金支払いに関連する書類で、顧客の氏名や住所、電話番号、生年月日、性別、金融機関の口座情報、事故に関する情報などが記載されていた。また一部書類には事故によるケガの状況なども含まれるという。

同社は、社内調査の結果として書類は保管期限前に誤って廃棄した可能性が高いと説明。情報の不正利用も確認されていない。同社では、対象となる顧客へ個別に謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2015/02/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

調剤済み処方箋や調剤録が所在不明 - 松戸市の調剤薬局
マイナンバーなど個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 前橋市まちづくり公社
飲食店で患者情報を鞄ごと紛失 - 総合メディカル
複数自治体で新型コロナ患者情報の誤送付が発生
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
ファイルサーバに不正アクセス、データ流出か - 丸紅グループ会社
2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
患者情報扱うPCが所在不明、店舗リフォーム時に誤廃棄か - 調剤薬局
不正アクセスで顧客情報約8.8万件が被害か - 保険代理店
患者情報約15万件含むUSBメモリを紛失 - 昭和大学病院