Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Saurus CMS CE」にXSSの脆弱性

オープンソースのコンテンツマネージメントシステムである「Saurus CMS」のコミュニティ版に、複数の脆弱性が含まれていることがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、クロスサイトスクリプティングの脆弱性「CVE-2015-0876」など複数の脆弱性が含まれていることが判明したもの。

「同4.7@04.02.2015」より以前のバージョンに影響があり、悪用された場合、ユーザーのブラウザ上で任意のスクリプトが実行されるおそれがあるという。

同脆弱性は、NTTコムセキュリティの東内裕二氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告。JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。

(Security NEXT - 2015/02/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も
WP用ユーザー管理プラグインに脆弱性 - サイト管理者権限奪われるおそれ
「WordPress 5.5.2」がリリース - セキュリティ関連で10件の修正
WP向けダウンロード監視プラグインに脆弱性
CMSの「Drupal」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース
WP向けプラグイン「File Manager」脆弱性、国内でも悪用被害
脆弱なファイル管理用WPプラグインを狙う攻撃を国内で観測
WP向けファイル管理プラグインに深刻な脆弱性 - ゼロデイ攻撃も