Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インテージ、ネットの誹謗中傷などを監視するサービス

インテージは、企業の信用低下を招くおそれのあるインターネット上の情報を監視するASP型サービス「i-Smart Watcher」を提供開始した。

同サービスは、企業や商品、サービスに関する根拠のない誹謗中傷や事実と異なる噂など、企業の信用低下を招く情報を監視するもの。有人タイプの監視ではなく、監視項目をキーワードとしてあらかじめ設定し、自動監視を行う。

監視する範囲は大手検索サイト2社のほか、Twitterおよび2ちゃんねる。監視対象の誹謗中傷レベルを10段階で表示するほか、サイト順位の履歴についても提供する。

(Security NEXT - 2015/02/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米NSA、脆弱なTLS構成の利用排除を要請
フィッシング対策で行政機関へ意見 - 消費者委
Peatix情報流出、販売サイトへのリスト追加から発覚 - 侵害手法は未特定
機械学習活用したクラウド型DLPサービス - パロアルト
米連邦政府機関に「SolarWinds Orion」製品の遮断命令
MSP経由で不正アクセス、提供ソフトにゼロデイ脆弱性 - 三菱パワー
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
ランサムウェアからソフトウェア開発企業を守る10カ条 - CSAJ
FireEyeの調査ツールが盗難、国家支援受ける攻撃者の手に - 対策ツールを公開
「EXILE TRIBE」の公式通販サイトでクレカ情報流出 - 一部不正利用も