Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォスと日本オラクル、データベース保護分野で協業

ソフォスと日本オラクルは、データベースサーバの保護分野で協業すると発表した。

サイバー攻撃の脅威が増しており、企業の機密データなども含まれるデータベースをより堅牢に保護することを目的として、両社のソリューションを組み合わせて展開するもの。

ソフォスのUTMアプライアンスとウイルス対策ソフトに、オラクルのデータベース向けセキュリティソフトウェアを組み合わせ、出入口対策、データベースへのアクセス制御など、多段階にわたるセキュリティ対策をデータベースサーバを利用する企業に提案していく。

セミナーや製品デモの実施、トレーニングなどを順次開催していく予定。パートナーとの連携などを通じて、初年度に150案件の導入を目指す。

(Security NEXT - 2015/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Atlassian「Confluence」のRCE脆弱性 - 悪用確認、早急に対処を
JTB海外グループ会社にサイバー攻撃 - 犯行声明も
「Azure Cosmos DB」に深刻な脆弱性 - 利用者はリスク軽減を
脆弱性管理クラウド「yamory」、OSやミドルウェアに対応
JetBrainsの開発者向けツールに深刻な脆弱性 - アカウント乗っ取りのおそれも
プライズ卸売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
同報配信システムで「CC」初期化されず誤送信に - 京大
ゲーム事業者への攻撃が増加 - ただしDDoS攻撃は減少
MITRE、危険な脆弱性タイプのトップ25を発表
2Qの「JVN iPedia」登録は2735件 - 前期の1.6倍に