Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォスと日本オラクル、データベース保護分野で協業

ソフォスと日本オラクルは、データベースサーバの保護分野で協業すると発表した。

サイバー攻撃の脅威が増しており、企業の機密データなども含まれるデータベースをより堅牢に保護することを目的として、両社のソリューションを組み合わせて展開するもの。

ソフォスのUTMアプライアンスとウイルス対策ソフトに、オラクルのデータベース向けセキュリティソフトウェアを組み合わせ、出入口対策、データベースへのアクセス制御など、多段階にわたるセキュリティ対策をデータベースサーバを利用する企業に提案していく。

セミナーや製品デモの実施、トレーニングなどを順次開催していく予定。パートナーとの連携などを通じて、初年度に150案件の導入を目指す。

(Security NEXT - 2015/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Okta Access Gateway」にコマンドインジェクションの脆弱性
一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
約5.3億件のFacebookユーザー情報が流通、日本は約42万件 - 人口上回る国も
SMBC信託銀のクラウド設定ミス、暗号化暗証番号が平文で閲覧も
データベース「MariaDB」に脆弱性 - OSコマンド実行のおそれ
「SpamAssassin」に脆弱性 - 悪意ある設定ファイルでコード実行のおそれ
HTTPサーバのライブラリ「libmicrohttpd」にバッファオーバーフローの脆弱性
個情委、個人情報の越境移転や委託先管理でLINEから報告徴収 - 総務省も
「MIRACLE ZBX」に新板、セキュリティ面を強化
WP向け会員制サイト構築プラグインにSQLi脆弱性