Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通、マイナンバー制度対応ソリューションを展開 - 社内には「番号制度推進室」

富士通は、2016年に社会保障・税に関わる番号制度が施行されることから、自治体や民間企業向けにマイナンバー制度に対応した業務システムや関連サービスの提供を1月21日より開始する。

マイナンバー制度に対応した既存業務アプリケーションや新ソリューションなどをはじめ、システム運用やプロセス構築のコンサルティング、ビジネスプロセスアウトソーシング、教育関連のサービス、アプリケーション、セキュリティなど体系化して提供し、マイナンバー対応を支援する。

また同社グループにおける「番号制度推進室」を設立。マイナンバー制度に関する情報収集のほか、マイナンバー制度に対応する顧客支援を強化する。

(Security NEXT - 2015/01/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

労務管理サービスの個人情報流出 - 調査結果を公表
利用する労務管理クラウドで関連ファイルが流出 - イオングループ会社
ワクチン接種会場の医療従事者情報が流出、外部サービス経由で - 茨城県
高額療養費支給申請書を紛失、ゴミと取り違えられた可能性 - 川崎市
介護保険の高額合算療養費申請書約2500件を紛失 - 横浜市
児童相談所で児童の住民票が所在不明に - 福岡県
委託先従業員がマイナカード申請情報を私的利用、好意持ち連絡 - 郡山市
労務管理クラウドシステムでアクセス権の設定ミス - 個人情報が流出
ファイルを取り違え、町民の個人情報を誤って公開 - 綾町
サポート詐欺被害、PCを遠隔操作される - 足立東部病院