Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生のレントゲンフィルムを誤廃棄 - 慶応大

慶応義塾大学は、健康診断で撮影した学生のレントゲンフィルムが所在不明になっていることを明らかにした。誤って廃棄した可能性が高いとしている。

2013年春の健康診断時に撮影した学生9336人分の胸部レントゲンフィルムが所定の場所に保管されていないことが1月6日に判明したもの。捜索したが発見できず、調査を行った結果、2014年秋に誤って廃棄した可能性が高いという。

廃棄物として業者に渡した際、191人分のフィルムについては氏名と学籍番号が特定できる状態だったという。対象となる191人には、謝罪の書面を送付する。健康診断票は別途管理されており、学生の健康管理上の不都合はないと説明している。

(Security NEXT - 2015/01/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ツール設定ミスで採用関連の個人情報を誤公開 - ソフト開発会社
約10年前の紛失個人情報、11回にわたり匿名で届く - 北海道
大学生応援飲食券のアンケートメールで誤送信 - 美浜町
Gmailメアドをスペルミス、個人情報が流出 - 京都市立芸術大
実在部署名乗るメールで教員がフィッシング被害 - 名大
九大職員が無許可ファイル持出、転職先で外部公開 - 意図しない機密情報も
入試関連の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 立教大
PCや受験関係書類が研究室から盗難 - 東京藝大
学内宿泊施設予約システムに不正アクセス、利用者情報が流出か - 阪大
なりすましの問い合わせに個人情報を提供 - 奈良県