Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

海外小規模動画サイトの広告にワナ - アニメ違法動画で詐欺サイトへ誘導

海外の動画共有サイトで、動画の閲覧者を詐欺サイトに誘導する手口が増加しているという。

BBソフトサービスによれば、2014年12月における不正サイトの検知状況から明らかとなったもの。同社によれば、不正サイトの総検知数は41万2372件だった。今回よりデータ集計の仕様を変更しており、前回との比較は行っていない。

不正サイトを種類別に見ると、従来の傾向と変わらず、「ワンクリック・不正請求サイト」が88.2%で最多。「フィッシング詐欺サイト」が9.9%、「偽セキュリティ対策ソフト配布サイト」が1.2%、「脆弱性悪用サイト」が0.6%、「マルウェア感染サイト」が0.01%と続く。

12月は、海外の動画共有サイトにおいて、動画コンテンツの閲覧者向けに、詐欺サイトへ誘導するバナー広告を表示する手口が増加。日本のアニメやドラマなど違法に投稿した動画から誘導するもので、違法行為へ対処が早い大手動画サイトではなく、著作権侵害の取り締まりが比較的緩い海外の小規模サイトを利用する動きが目立っているという。

動画共有サイト以外でも、詐欺サイトへ誘導する広告を一般企業を装って配信する事例はこれまでも多数確認されており、引き続き注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
30〜40代、3割超がネットトラブル経験 - ネットリスク理解8割
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
2020年1Qセキュ相談、4.8%減 - 「不正ログイン」などの相談は増加
2019年4Qのセキュリティ相談、7.6%増 - IPAまとめ
2019年3Qのセキュリティ相談、1年ぶりに3000件以下に
セキュリティ相談、2019年2Qは微減 - 宅配業者偽装SMSは増加
セキュリティ相談24.4%減 - 「偽警告」関連の相談は増加
「不正ログイン」の相談、前四半期比66.2%増 - 調査開始以降最多
IPA、若年層向け啓発コンクールの受賞候補作を公開 - 意見を募集