Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

児童309人の個人情報をウェブサイトに誤掲載 - 大阪市

大阪市浪速区役所において、同区内の保育所に入所している児童309人の個人情報含む資料を、誤ってウェブサイト上に掲載していたことがわかった。

同市によれば、1月6日15時ごろ、同月5日時点における区内保育所の空き状況をウェブサイト上で公表したが、その際に2014年4月1日に入所した児童の個人情報309人分が記載された資料を誤って公開したという。

児童の氏名や障害の有無、保育上の配慮に関する情報などが含まれる。7日に、ウェブサイトを閲覧した区民から指摘があり問題が判明した。

公開した資料は、保育所の空き状況を計算するための基礎データとして使用したもので、空き状況を一覧表にしたファイルを掲載する際、一緒に掲載したという。

同区では7日11時に個人情報を削除。関係者への説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2015/01/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校児童の個人情報が記載されたサポート票を紛失 - 大阪市
小学校で児童の指導要録や転学届の紛失が判明 - 名古屋市
児童相談所などが支援児童の住所を秘匿対象者に漏洩 - 横浜市
小学校で1クラス分の家庭状況調査書が所在不明に - 大阪市
小学校と中学校で個人情報の紛失が判明 - 尼崎市
小学校で名簿紛失、家庭訪問で持ち出した際に - 堺市
小学校で個別書類あると気づかず身体測定結果を誤配布 - 名古屋市
児童養護施設で児童の個人情報含む書類が所在不明 - 岐阜県
児童相談所で児童の住民票が所在不明に - 福岡県
指導要録の紛失判明、過去に緊急点検するも見落とし - 杉並区