Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IIJ、マルウェア感染によるネットバンキングの不正送金を防ぐソリューション

インターネットイニシアティブ(IIJ)は、オンラインバンキングにおいて、マルウェアの「MITB攻撃」を防ぐ新ソリューションを提供開始した。個人向けサービスとしてすでに提供を開始しており、法人向けにもサービスを展開していく予定。

「IIJ不正送金対策ソリューション」は、マルウェアに感染している端末であっても安全にオンラインバンキングの送金操作が行えるよう仮想環境を提供するサービス。

オンラインバンキングの利用者には、仮想環境におけるブラウザ画面の情報のみを転送。オンラインバンキングと同ソリューションとの間で操作を行うため、利用者のパソコンがマルウェアに感染していた場合も、ブラウザの情報を背後で操作する「MITB(マンインザブラウザ)攻撃」などを防ぐことができる。

金融機関においても、既存システムを変更せず導入することが可能で、既存のセキュリティ対策と連携させることが可能。ユーザー側も、専用アプリやプラグインのインストールの必要はない。今後はスマートデバイスにも対応する予定。

(Security NEXT - 2014/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2021年2Qの不正送金 - 件数大幅減となるも被害額は微増
2021年上半期の不正送金は376件 - 半数以上がOTP利用も被害
マルウェア「QakBot」の検知が増加 - 窃取メールを悪用か
2020年のネットバンク不正送金、被害額4割減 - 法人では増加
米政府、マルウェア「TrickBot」展開する標的型攻撃で注意喚起
フィッシング被害者などで不正取引が発生 - レイクALSA
政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起
欧米警察が協力、「Emotet」をテイクダウン - 被害チェックサイトも
フィッシング対策で行政機関へ意見 - 消費者委
12月21日より「Emotet」感染メール増加 - あらためて警戒を