Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

請求受けて公開した行政文書に個人情報 - 新潟県立看護大

新潟県立看護大学は、公開した行政文書の中に、本来非公開とすべき個人情報が含まれていたことを明らかにした。

同大学によれば、行政文書の公開請求を受け、12月19日に請求者に対し公開を行ったが、請求者より文書内に個人情報が含まれているとの指摘を受けたため、文書の公開を停止した。

請求を受けて公開したのは、実習委員会議事録や学生委員会議事録など。同文書内に、実習を終えた学生が行う継燈式の委員5人や卒業生成績優秀者2人、休学者1人、退学者2人に関する個人情報が含まれていた。同大学では、対象となる関係者に文書で謝罪する。

(Security NEXT - 2014/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

総務省、「通信の秘密」漏洩でIIJに行政指導 - 2020年3月以降に6件
個人情報を含む行政文書が所在不明に、文書移管時に判明 - 奈良県
政府のセキュリティ訓練参加者情報が流出 - 委託先ツール経由で
行政文書開示請求者に個人情報を誤開示 - 生駒市
不正アクセス被害のランドブレイン、調査結果を公表 - ランサムウェアは「Cring」
ファイル送受信機器にゼロデイ攻撃、情報流出の可能性 - 内閣府
変異株陽性者の個人情報を県内自治体などへ誤送信 - 長野県
ランドブレインのランサム被害、総務省3事業でも個人情報流出の可能性
厚生省で行政文書の誤廃棄が発生 - 情報流出なく業務への支障もなし
公共事業受託事業者のランサム被害、流出範囲特定で難航か