Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米Akamai、DDoS攻撃トラフィックの除去施設を日本に開設

米Akamai Technologiesは、DDoS攻撃対策を支援するあらたな「スクラビングセンター」を、日本国内に開設した。

同施設は、DDoS攻撃対策基盤として設置したもので、同社顧客のウェブサイトに対する不正なトラフィックの除去を目的としている。

同社によれば、アジア太平洋地域を発生源とするDDoS攻撃が増加しており、2014年第3四半期における発生源を国別に見ると、中国が20%、韓国が6%、日本が4%となり、アジアだけで3割を占める状況。同センターの開設により日本国内の顧客に対するパフォーマンスの向上を目指す。

具体的な対策としては、顧客のサイトに対する攻撃検知時に全トラフィックが同センターに転送。同センターでは、攻撃による悪質なトラフィックを除去し、正常なトラフィックを顧客のネットワークに転送することで、攻撃の影響を軽減する。

(Security NEXT - 2014/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

9月のDDoS攻撃件数は増加、最大規模の攻撃は約4.4Gbps - IIJ調査
2021年3Qはインシデントが約25.9%増 - 「サイト改ざん」が倍増
NETSCOUTとNTTコム、DDoS攻撃対策で共同研究
A10、DDoS対策アプライアンスに上位モデル - 380Gbpsのスクラビングに対応
DDoS攻撃が前月から減少、最長だったのはmemcached反射攻撃 - IIJ調査
6月のDDoS攻撃、件数倍増 - 「Citrix ADC」からの反射型攻撃も
ゲーム事業者への攻撃が増加 - ただしDDoS攻撃は減少
2020年は1930億件のPWリスト攻撃を観測 - 約10億件を観測した日も
2021年2Qのインシデントは減少 - スキャン行為は増加
5月のDDoS攻撃は減少、最大規模の攻撃は1.9Gbps - IIJレポート