Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2014年3Qにマルウェア総数が3億件を突破 - 新種のランサムウェアが大幅増

不審なコンテンツが置かれているサーバの所在地を地域別に見ると、「北米(47.8%)」「ヨーロッパ、中東(38%)」「アジア太平洋(13.9%)」。フィッシングサイトのドメインが存在するのは「米国」が49%と圧倒的に多く、続く国は1桁台にとどまっている。

全世界におけるスパムの流通量は10兆件を突破。前期から40%増となった。もっとも多くのスパムを送信したボットネットは「Kelihos」で、上位20のボットネットが配信したスパム量の76%を占めた。広範囲に分散しており、送信元が226カ国に存在するという。

ネットワーク攻撃を種類別に見ると、「サービス拒否」が39%で最多だった。「総当たり攻撃(20%)」「ブラウザ攻撃(19%)」「SSL攻撃(8%)」と続く。「SSL攻撃」が前期より5ポイント上昇しているが、これはOpenSSLの脆弱性「Heartbleed」が原因と見られる。

(Security NEXT - 2014/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

約4分の3がランサムウェア身代金に応じる意向 - フォーティ調査
「RDP」に対するブルートフォース攻撃が倍増 - ESETレポート
警察庁、2021年上半期に61件のランサム被害把握 - 目立つVPN経由の感染
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
マルウェアメール、日本が検出最多 - ESETまとめ
約3分の1の企業がIoTやOTでセキュリティ事故を経験
3割がセキュ投資増額、56.3%で被害経験 - IDC調査
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
33%がPWを使い回し、52%は似たPWを再利用 - F-Secure調査