Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、情報共有プラットフォームにスマホ向け新機能

NECは、法人向け情報共有プラットフォーム「PROCENTER/C」の最新版を提供開始した。データ閲覧後に、スマートデバイスからデータを自動削除する機能を追加している。

同製品は、取引先や関連企業、部門など関係者間で、データのやり取りを実現する情報共有ソリューション。フォーマットに関係なくデータの一元管理が可能で、送受信の管理のほか、アクセス権限を柔軟に設定できる。

最新版となる「同V2.3」では、スマートデバイス経由の情報漏洩対策を強化。データ閲覧終了時や、アプリケーションを一定時間使わなかった場合などに、スマートデバイスからデータを自動削除するビューワ「スマートデバイスクライアントオプション」のAndroid版を追加した。iOS対応版は、2015年9月より提供する予定だという。

(Security NEXT - 2014/12/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年3Qの情報提供は346件、標的型攻撃は3件 - J-CSIP
「小児医療情報収集システム」への不正アクセス - 原因は脆弱なパスワード
通信事業者のフロー情報用いたC2サーバ検知は正当業務 - 総務省がパブコメ
次期「サイバーセキュリティ戦略案」を決定 - DXとセキュリティを同時推進
富士通のプロジェクト情報共有ツール、129組織で情報流出
偽ECサイトの通報件数が増加 - マッチングアプリやSNSで異性から勧められたケースも
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - パッチが公開
2020年度下半期の「J-CRAT」相談は201件 - レスキュー支援が増加
総務省のシステム情報が富士通から流出 - 過去ログ調査で判明