Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

企業狙う「やり取り型攻撃」が約1年ぶりに復活 - より巧妙かつ執拗に進化

メールによるやり取りを通じて相手を信頼させ、マルウェアに感染させる、いわゆる「やり取り型攻撃」が、約1年ぶりに確認された。その手口は、何度も異なる形式でマルウェアを送り付けるなど、より巧妙で執拗なものへ進化を遂げている。

20141121_ip_001.jpg
やりとり型攻撃の流れ(図:IPA)

問題の「やり取り型攻撃」は、企業の外部窓口などとのやり取りを通じて、マルウェアへ感染させる標的型攻撃のひとつ。問い合わせなどのメールに見せかけ、一見無害なやり取りなどをまじえつつ、窓口担当者の警戒心を解き、添付ファイルを開かざる得ない状況に誘導。遠隔操作するためのマルウェアへ感染させて、情報の窃取などを行う。

2011年に確認されて以来、攻撃は断続的に発生。ここ約1年は収束していたが、情報処理推進機構(IPA)によれば、ふたたび8月から10月にかけ、少なくとも国内5組織であわせて7件の攻撃が確認されたという。攻撃手口も、以前と比較してより巧妙になっており、マルウェアへ感染させるために、複数のステップを用意していた。

(Security NEXT - 2014/11/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

取材や講演会依頼装う標的型攻撃 - 「コロナで中止」とつじつま合わせ
犬飼育者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 朝日町
教員アカウントがスパムの踏み台に - 横浜市内の私学
2要素認証の除外アカウントに大量の不正ログイン - 熊本県立大
研究者狙うサイバー攻撃、講演や取材の依頼を偽装
教員アカウントに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 創価大
ワクチン接種委託先、情報共有ツールを公開設定で使用 - 奈良県
活動再開の「Emotet」、1日あたり約十万件の攻撃メールを配信
ランサム被害が発生、紙資料と電話で対応 - みやぎ産業振興機構
和歌山県、県民プール装うメールに注意喚起 - 以前のEmotet感染と関連は不明