Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

【スマホ】約4人に1人が紛失を経験 - 89%が回収

国内において、スマートフォン所有者の23%にスマートフォンの紛失経験があることがわかった。89%に関しては、紛失後にスマートフォンを回収できたという。

同調査は、米Lookoutが9月15日から18日にかけて、国内で18歳以上のスマートフォン所有者1000人を対象に実施したもの。スマートフォンの紛失経験がある日本の回答者は23%。米国や英国では35%、ドイツは29%と、ほかの先進国と比べ、やや低い数字となった。

若年層において割合が高い傾向があり、18歳から24歳では約45%が紛失の経験があると回答。そのうち15%は、年に3回から5回紛失すると答えた。一方、45歳から49歳では12%にとどまる。また学生の紛失率は42%と、社会人の24%を大きく上回る。

紛失した場所で最多だったのは公共交通機関。ショッピングセンター、飲食店、路上、勤務先が続く。地域別に紛失の割合を見ると、沖縄が44%と突出しており、27%で2位だった東北を大きく引き離した。

また89%は、紛失後にスマートフォンを取り戻せたと回答。一方、紛失が多い沖縄では、紛失後に取り戻せなかった割合が高く、4分の1は取り戻すことができなかったという。

(Security NEXT - 2014/11/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

データ保護の責任所在 - 日本とアジア地域にギャップ
フィッシングサイトが最多記録を更新 - 報告数も高水準
フィッシングサイト、1カ月で5481件 - 報告数とともに最多記録を更新
進むスマホのセキュ対策 - ただしOS更新率などは低調
2020年1Qの脆弱性届け出は263件 - ウェブサイト関連が倍増
約7割が通常出社、在宅対応できないケースも少なくなく
テレワークの課題は社内体制と設備、セキュリティ - 都内企業
シニアの25%がフィッシングに遭遇 - 4割強が相談相手いない
JSSEC、IoT利用動向の調査結果を発表 - 「IoTチェックシート」改訂版も
1月のフィッシング、報告数減となるもURLは増加